会計指導・相談業務 | 社会福祉法人ネットワーク

社会福祉法人.net
会計指導・相談業務

会計指導・相談業務

表示価格は本体部分のみであり、別途消費税を申し受けます。

会計指導・相談業務

プラン

相談プラン

 月次報告はなく、メール・お電話等で随時ご相談させていただきます。
(半期に一度ご訪問相談をさせていただきます。)

介護保険施設
5拠点区分までの場合 / 月次報酬:20,000
保育園、障害者施設
5拠点区分までの場合 / 月次報酬:15,000

※決算書の作成業務は対象外です。

四半期ご訪問プラン

 3ヶ月に一度ご訪問させていただき、月次報告をさせていただきます。

月次報酬
介護保険施設
1拠点区分につき:25,000
保育園、障害者施設
1拠点区分につき:20,000
決算報酬
決算書の作成指導、チェック業務
上記「月次報酬」の5ヶ月分

※決算書の作成業務は対象外です。

2ヶ月ごと訪問プラン

 2ヶ月に一度ご訪問させていただき、月次報告をさせていただきます。

月次報酬
介護保険施設
1拠点区分につき:30,000
保育園、障害者施設
1拠点区分につき:25,000
決算報酬
決算書の作成指導、チェック業務
上記「月次報酬」の3ヶ月分

※決算書の作成業務は対象外です。

決算書の作成業務
上記「月次報酬」の5ヶ月分

月次訪問プラン

 毎月ご訪問させていただき、月次報告をさせていただきます。

月次報酬
介護保険施設
1拠点区分につき:35,000
保育園、障害者施設
1拠点区分につき:30,000
決算報酬
決算書の作成指導、チェック業務
上記「月次報酬」の3ヶ月分

※決算書の作成業務は対象外です。

決算書の作成業務
上記「月次報酬」の5ヶ月分
  • 本部会計を独立した1拠点としている場合は、上記拠点区分数としてカウントしません。
  • 旅費等の実費については別途、ご負担をお願い致します。
  • 社会福祉協議会、その他の施設については上記に準じてお見積りをさせていただき、また、拠点区分数が多数に上る場合や指定管理契約の法人等の場合についても別途にお見積りをさせていただきます。

「月次訪問プラン」の場合の月次スケジュール

「月次訪問プラン」の場合の月次スケジュール

※その他、メール・お電話等でのご相談は、随時対応させていただきます。

訪問会計指導業務について

 法人で作成した「月次報告書」の会計処理や手続き内容などについて不明点や問題点などがないかどうかのチェックを行い、アドバイスをさせていただきます。
経理担当者の会計知識の向上を図り、自計化の促進、会計業務効率の向上支援を行います。

おすすめポイント
  • そもそも「社会福祉法人会計基準」などのルールにそった会計処理が出来ているかどうか不安
  • 「未収金」や「未払金」の管理をどのように行ったらよいかわからない
  • 今後の中長期計画の作成に向けて経営的なアドバイスがほしい
  • 新たな「拠点区分」「サービス区分」の設定等についてアドバイスがほしい
  • 今年度における補正予算の作成や次年度予算の作成について相談にのってほしい
  • 行政指導検査で指摘を受けてしまったがどうすれば良いかわからない

といった場合には、お気軽にご相談ください。

無料相談へ

社福ネットにお任せください

公的機関監査立会業務

料金

 行政の指導監査等の事前準備、立会い、終了後のフォローを行います。

立会い1日につき
40,000

セカンドオピニオン

会計指導業務の「相談プラン」でのご利用となります。

セカンドオピニオンについて

 セカンドオピニオンとは、医療分野で主に使われている言葉で、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求めた「意見」、または「意見を求める行為」をいいます。

こんなことはありませんか?
  • 今契約している会計事務所が社会福祉法人に詳しくない
  • 今契約している税理士の対応が悪く、何のアドバイスもない
  • 公認会計士や税理士といった資格を持っている人に直接対応してほしい
  • 今すぐに会計事務所を替えることが難しい

すでに他の会計事務所等とご契約されている場合でも、「第二の相談役」として、ぜひTMASをご活用ください。

無料相談へ

社福ネットにお任せください

会計ソフト導入・変更サポート

 会計指導業務をご契約いただいた場合、会計ソフトの導入または変更時のセットアップ作業を、無料にてお手伝いをさせていただきます。

会計ソフトの選び方

会計ソフトについては、法人の事業内容・経営方針にあったものを選択することが肝要です。

検討ポイント
  • 法人として会計ソフトにかけたコスト負担大きいわりに、使えない・使わない機能が多い。
  • 会計事務所の専用ソフトであり、ソフトを変更したいのだけれど一定の制限がある。
  • いずれは会計事務所との契約は相談業務・税務顧問にとどめ、経理処理は法人内で完結させたい。
  • バグが多くて信頼がおけず、試算表をチェックするのに慎重になり無駄な時間をかけてしまう。
  • 会計ソフトから出力されるデータをもとに、月次の経営会議を行っていきたいので、必要な経営データが出せる会計ソフトが良い。
  • タイムリーに各事業所の月次情報が知りたいため、ASPサービスの導入を検討している。
  • 法人内に事業拠点が複数あり、それぞれの管理を任せているが、セキュリティ面が気になる。
  • 法人内に1施設のみであるため、複雑な機能は必要ないし、コストもあまりかけたくない。
チェック
  • 新会計制度の導入にあたり、法人全体の総括処理、部門処理、内部取引の消去がスムーズに行えますか?
  • 通知に準拠した様式によりアウトプットが行えますか?
  • 消費税計算のチェックがスムーズに行えますか?
  • 事業の開始や廃止、通知の変更などによる拠点区分やサービス区分の設定変更がスムーズに行えますか?

無料相談へ

初回無料相談はこちらから

セミナー個別相談会情報

サービス案内

お問い合わせフォーム

東京アドバイザリーサービス